松阪牛は赤身であっても風味豊かで柔らかく美味しいんです!

松阪牛の知識大放出サイト

霜降り特有の脂っぽさが苦手な人には松阪牛の赤身がおススメ。赤身とは思えない柔らかさと風味の豊かさはさすが松阪牛です!

松阪牛の知識大放出サイトmainイメージ

松阪牛は赤身であっても風味豊かで柔らかく美味しいんです!

霜降りが素晴らしい松阪牛ですが、高齢者の方や、脂肪分を控えている方にとってはちょっと食べるのが大変だったりします。

そんな場合には、松阪牛の赤身がおススメ。

赤身は、他の和牛のものだと、硬くて噛むのが大変だったり、少しパサパサしていて旨みが少ないことも多いですが、松阪牛の赤身は全然違います!

松阪牛の赤身は、ほどよく脂肪が含まれており、非常に食べやすい硬さで、風味が豊かです。

赤身には、モモ、イチボ、ランプなどがありますが、ステーキにして食べるならイチボ、焼肉にして食べるならモモとランプが良いでしょう。

100gあたりのそれぞれの価格は、モモとランプは3,000円前後、イチボは約4,500円と、松阪牛の部位の中ではけっこうリーズナブルな方です。

赤身は脂肪分が少なく、とても食べやすいので、まとめて購入するのにも向いています。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント